床オナニー 治し方

床オナニーいつまで続けますか?

床オナニー(床オナ)とは、うつぶせになってペニスを布団やシーツ、床に押し付けたりこすりつけたりすることで快感を得るオナニーの方法です。

 

床オナニーに馴れている男性は体重を押しつけることで得られる強い刺激による快感のため病みつきになる人が多いようです。初めてのオナニー=ペニスを刺激することで快感が得られることに気づくのは、床オナニーが最初、という人は少なくありません。成人する過程で多くの人が通常のオナニー方法を行うようになるのですが、一部の人はそのまま床オナニーを大人になっても続けます。

 

オナニーなんて一人でするもの。

 

どんなやり方でもかまわないんじゃないの?

 

と思われるかもしれませんが、床オナニーを続けていると、セックスができなくなる危険があります。

 

床オナの問題点はふたつあります。

  • 「床オナニーの強い刺激にペニスが慣れてしまい、女性の膣で気持ちよくなれなくなる」
  • 「十分に勃起せず射精する癖がつき、勃起不足で女性の膣に挿入できなくなる」

 

つまり、満足なセックスができなくなってしまうのです。
床オナニーしかしてこなかった男性は、せっかくのセックスの際に、十分に勃起しないので女性器に挿入すらできない、挿入できてもすぐに萎えてしまい中折れでしぼんでしまい、射精には至りません。

 

これは膣内射精障害男性膣不感症とも言われる症状です。

 

現在まだセックスを体験していない童貞諸君の中で、床オナをしている人は今すぐ中止してください。
そして、ソフトな刺激で興奮し勃起から射精ができるようなオナニー方法を実践してください。

 

床オナニーになれた人は、ペニスを強く圧迫することやうつぶせの姿勢でないと興奮しないもので、最初はまったく気持ちよく感じることすらできず、従来の床オナニーにもどってしまいがちです。

 

しかし、オナニーの方法を変えることで、徐々に普通の状態でも射精できるようになります。
あきらめずに続けるようにしてください。

床オナニーをやめて、セックスで問題が生じない正しいオナニーを

床オナニーを治すためには、「床オナニーをしないこと」が重要です。当たり前のことのように思いますが、今まで続けてきた悪い習慣を止めるためには、「回数を減らす」「やり方を少し変える」、などではうまくいきません。禁煙と同じように、やめると決めたらスパッとやめることが大切です。

 

もちろんオナニーそのものをやめろというのではありません。性欲の処理方法としてオナニーは大多数の男性にとって、なくてはならないものです。オナニーは適度にした方がリフレッシュでき、セックスにもよい影響を与えます。

 

まずは床オナと決別をする。

 

今日から床オナニーは決してしないと誓いましょう。床オナニーでしか気持ちよくなれない、という人が床オナニーをやめるのは勇気がいることです。しかし、本番とも言えるセックスで射精出来なくなる危険性のある床オナニーを続けるのは自分で自分の首を絞める行為です。

 

膣に近い刺激でオナニーをする。

 

実際のセックスで問題なく射精できるオナニー方法とは、女性の膣に近い刺激で勃起し射精することです。膣とは違う強い刺激、圧力、AVなどによる現実離れした世界に興奮してのオナニーはすべて正しいオナニーとは言えません。膣の刺激、圧力はそれほど強くありません。男性の握力や床オナニーでの圧迫は当然膣以上の強い刺激となります。手による場合はソフトに。できれば膣の感覚に近い低刺激なオナホールなどを用いてゆっくりソフトにペニスを刺激するオナニーを実践しましょう。

 

正しいオナニーを実践する。

 

一般的な男性が行う手によるオナニーは一見問題がなさそうですが、意外な落とし穴があり、セックスができなくなるケースも多数報告されています。単純に快楽を楽しむだけなら、どんな方法でも間違ったオナニーとは言えませんが、セックスで問題が生じないオナニーを「正しいオナニー」と位置付けると、おすすめの方法は「低刺激のオナホールを使用する方法」です。後ほど詳しく説明します。

 

 

あきらめない。

 

床オナニーを克服するまでの期間は人それぞれですが、一般的には正しいオナニーを実践してから数週間から数か月、長い人では1年という例もあります。

 

最初は快感を得られずに、すぐに今までの床オナニーに戻りたくなってしまうかもしれません。勃起もしない、射精もしない・・・ということが何度も続けば心が折れてしまうかもしれません。それだけあなたが今までしてきた床オナニーの悪影響が強力だったということなのです。このオナニーで射精できない人はセックスでもイクことはできません。トレーニングですから最初からうまくいくことはありません。射精できなくても1回につき30分オナニートレーニングをしてください。気持ちは集中しつつも、ペニスへの刺激はまったりとゆったりと行います。

 

急激に痩せようとすればリバウンドや体調不良に陥りダイエットは失敗します。床オナニーの克服もそれと同じです。今日ダメでもそこであきらめないようにしましょう。継続していくことで着実に改善に向かっています。

 

 

床オナを今度こそやめる決心ができた方は下記をクリックして次のページへ進んでください。

 

今すぐ床オナと決別する!

間違ったオナニー方法あれこれ

オナニーの正しいやり方については、以前はそれほど語られることはありませんでした。しかし近年、特に日本でのみ膣内射精障害の男性が急増していることから、医師を中心に「正しいオナニー方法」が指導されるようになりました。

 

床オナニーは、膣内射精障害につながる代表的なオナニー方法ですが、それ以外にも一見普通のオナニーに見えて、じつは間違ったオナニーが日本の男性の間で行われています。

 

以下に間違ったオナニーの代表例を示します。

 

  • 床オナニーなど手を使わないオナニー。
  • ペニスを強く握り過ぎるオナニー(強グリップ)
  • AV(アダルト動画)を見ながらオナニーする。

正しいオナニー方法

正しいオナニーのやり方は、一種類ではありません。女性器の中で射精できることの障害にならないやり方ならすべて正しいともいえます。

 

ここでは一例として、医師が推奨するオナニー方法を紹介します。

 

右手の親指と人差し指でわっかを作り、
ペニスのカリの部分を中心にスライドさせる。

 

ペニスを男性の強い力で握り込むのではなく、ペニスよりもやや大きめのわっかを指で作り擦るようにします。
この時、手が乾いている状態だとペニスの皮膚を傷つけてしまいます。膣と同じような感覚を得るためにローションを使用するといいでしょう。海外ではオナニーの際にローションを使用するのは一般的だといいます。床オナになれた人の場合、まったく感じない人もいますが、その場合にもローションを使用することで快感が増します。

 

参考URL≫ペペローション 360ml(風俗などでもつかわれる一般的なタイプ)

 

 

じつは、このような手によるオナニーにも問題点はあります。知らず知らずのうちに、より快感を得ようと強く握り込んでしまう、亀頭やカリではなく竿部分を強く擦り射精してしまう(性感帯が違うのでセックスで射精しにくくなる)、など、正しいオナニーを実践するのは意外と大変で、床オナニーだけではなく通常だと思われるオナニーをしている男性の中からもオナニーが原因で膣内射精障害になる人が続出しているのです。

 

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

オナニーという点からは離れますが、実際にセックスパートナーの女性にソフトなフェラチオや膣へ挿入させてもらいながら、ゆっくりと感覚に慣れていくのが一番です。しかし、それには献身的な協力が必要ですし、そもそもセックスする相手が現在いない人には不可能です。

 

そこでおすすめなのが、女性の膣そっくりの感覚が得られるリアル系オナホールをつかってオナニーする方法です。

リアル系オナホールおすすめベスト3

極上生腰 淫熟名器物語 名器の品格

極上生腰

実際にセックスをしているような体勢でオナニーができる。うつぶせの床オナに慣れている人もスムーズに移行しやすい。セックスでの腰ふりのトレーニングにもなる。

極上生腰の詳細を見る

淫熟名器物語

「名器シリーズ」の中でも4作目にして最高傑作とネットで話題になった人気オナホ。まったり低刺激オナホールの代表格。

淫熟名器物語の詳細を見る

名器の品格・上付き

「本物の女性の膣」を再現することにこだわった「名器の品格」。むにゅむにゅと肉厚なホールでペニスを包み込むような絶品のホール。

名器の品格の詳細を見る

関連サイト

床オナニーが原因で女性とのセックスで射精できなくなった体験を持つ管理人K氏による、遅漏、膣内射精障害の克服体験談と具体的な解決方法を公開している唯一無二のお役立ちブログです。

正しいオナニーで治す!K氏の膣内射精障害克服への道